ロングストローク

日々迷走中。やっぱスカルかな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水戸遠征2/2

 今回は、1泊2日という短日程の関係上、繁華街の大工町を中心に観光した。お土産には、藁包みの水戸納豆を5束も買った。



 帰宅後、1藁食べてみた。色と硬さ、そして糸の引き度合いが全然違う。味はかなり濃厚。スーパーのカップ納豆に慣れていると違和感が大きいが、くせになる味だと思う。秋田県の美郷町とは、納豆でもつながっているようだ。


スポンサーサイト
  1. 2008/03/02(日) 23:40:08|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水戸遠征1/2

 水戸市は初めて訪れた(東海村は過去2回ほど)。秋田からは車で片道6時間半。意外と近く感じた。東京からは特急で1時間程度。人口66万人の賑やかな都市である。



 水戸クイズ第1問。徳川の御三家で、水戸藩と尾張藩に共通するものは?第2問。佐竹の殿様が、水戸藩を追われ秋田藩に移転させられた時に、連れ帰ったものと、残したものは?


  1. 2008/03/01(土) 23:38:22|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あきば

 取り憑かれるたようにディズニーグッズを買い求めている人々をTDLで見た。種類は違うが、この地にも魔物が住んでいると思う。幸いなことに、今回はビルの中で缶詰状態だったので、魔物との遭遇はなかった。

akihabara080222_01.jpg

 用務は17時きっかりに終わった。早い目の夕食をとり、18時発の秋田新幹線こまちに乗るために上野駅に戻った。土曜日なのに、駅はいつになく混雑していた。新幹線の改札口には何やら長い人の列。地下深くの新幹線ホームに降りて、ようやく状況が飲み込めた。強風の影響で新幹線のダイヤが大幅に乱れている。春一番が吹いたようだ。

akihabara080222_02.jpg

 予約していた新幹線は運休になった。1時間遅れで1本前の新幹線に乗った。それでも盛岡までは順調に走ってくれたが、秋田に入ってからは強風の影響で徐行運転が続いた。ただでさえ遅い新幹線が、チャリ並のスピードで走っている。おそらく、特急いなほの脱線転覆事故を受けて、過剰に警戒しているのだろう。ボディサイズは同じくらいだけど、ゲージ幅は全然違うのに。結局、秋田駅に到着したのは午前0時30分。6時間半もかかった。本当に参った。



  1. 2008/02/23(土) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

上野公園

 1泊2日の東京遠征。今回は新幹線で東京入りした。本日は移動のみ。用務が朝からだと前泊できる。先月の東京日帰り出張とは大違い。びゅうのビジネスパックで上野のチサンホテルに宿泊した。



 到着が遅かったのでバイク街には行けず。代わりに早起きして、早朝の上野公園を小一時間ほど散歩した。愛犬家や早朝ランナ、東京の一等地を住み処にしている人々と、公園内は朝から賑やかだ(写真とは一致せず・・・)。いつになく澄んだ空気と都会の空。今思えば、嵐の前の静けさであった。


  1. 2008/02/22(金) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TDL

 東京湾に浮かぶ人工島に、アメリカからやって来たネズミたちが王国を築いて、今年で25周年になる。今年の干支でも見ようと思い、その王国というかリゾートに行ってきた。



 三連休の中日で、天気にも恵まれたため、島中、ヒト、ヒト、ヒト・・・。期待していたネズミは全然いなかった。頭頂部に耳をつけたネズミもどきの人間は大勢いた。5人に1人は耳が4つで、妖怪みたいだった。ただ、あの位置についているのも、なかなか良さそうだった。聞こえやすそうだし、背が少し高くなる。

tokyodisneyland080210_02.jpg

 一日中歩き回って、やっと見ることができた1匹のネズミは、パレード中の山車の上で舞い踊っていた。残念ながら触れ合うことはできなかった。隣の海には、もっとネズミがいるのだろうか。


  1. 2008/02/10(日) 23:00:00|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

理研

 半年ぶりの出張で、埼玉県和光市の理化学研究所に行ってきた。理研は自然科学分野では国内最大規模の研究所。常勤、客員を含めて数千人の研究員がいる。ノーベリストもいる。外国籍の研究員が2割以上を占めるため、研究所内の共通語は英語なんだって。埼玉なのに。



 今回はちょっとした打合せ。もちろん会ったのは日本人なので、日本語でお話しした。「秋田は大雪ですが、東京も意外と寒いですね」とか「比内地鶏や男鹿のなまはげがいろいろと世間を騒がしています」という世間話は抜きにして。

080118_02.jpg

 東京まで飛行機で50分といっても、日帰り出張はきつい。空港までの時間もあるし。次は出張報告書か・・・。


  1. 2008/01/18(金) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀山温泉

 山形県はあまり行ったことがなかったので、今年最後の遠征は銀山温泉にした。温泉街から少し離れた場所に駐車場があり、そこから徒歩で2~3分。銀山川に面して新旧入り混じった建物が立ち並ぶ、情緒溢れる小さな温泉街だ。

071223_01.jpg

 今日のお宿は能登屋旅館。「千と千尋」は観たことないので、イメージがつかないまま予約してみた。右側には建築者の名前がでーんと掲げられている。



 山菜や川魚を中心とした料理。見た目以上にボリューム満点。山形は甘い目の味付けが特徴なのか?

071223_03.jpg

 本来なら白銀の世界が楽しめる時期だが、今年は雪が少ないと、宿のおかみが言っていた。雪景色の代わりに、建物から漏れ出す薄明かりとガス燈の明かりが織り成す夜景を楽しみたかったが、寒いので一瞬で宿に戻った。

071223_04.jpg

 銀山温泉って、なによりもそのネーミングが素晴らしいと思う。絶え間なく雪が降り積もる時期に、また行きたい。


  1. 2007/12/23(日) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

枯木灘

 和歌山県南部の海岸線沿いは枯木灘と呼ばれています。木を枯らす強い潮風が吹くからだと小さい頃に教わった気がします。実際のところ木は枯れませんが、車はボロボロに錆びます。中学校の時の担任の先生の車は、走っている時にフレームが折れたと言っていました。でも最近の車はまったく錆びなくなりました。塗装技術が向上したからでしょうか。バイクは油断すれば錆びます。

熊野枯木灘海岸県立公園(日本童謡公園から臨む)

 実家の愛犬チロルです。けっこういいもの食ってます。下に落ちてる赤い食べカスは伊勢海老の殻です。ブリやマグロなどの高級魚が好物です。

jチロル

 1年半ぶりの帰省でした。異常に暖かかったです。紅葉なんてものはありません。四季の変化を楽しみたいので、正月は秋田で越冬する予定です。


  1. 2007/11/04(日) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

南紀白浜

 地元を観光してみました。アドベンチャーワールド・サファリは小学校時代の遠足以来です。生まれ変わるなら、右脳と左脳で交互に睡眠できるイルカになりたいです。一時的に創造力(右脳)や論理思考(左脳)が落ちそうですが、理論上、24時間戦えます。

イルカショー

 白黒ツートンで生まれ変わるとすれば、シマウマよりも絶対にパンダです。耳と目の周りが黒いだけなのに、ここまでかわいいのは不思議です。ダーウィンの種の起源でも読めってことでしょうか。

パンダ

 エンペラーやキングと呼ばれるのも良さそうです。水槽から逃げ出したのではなく、パレードに借り出されているところです。南極生まれには暑かったでしょう。

ペンギンのパレード

 次は自殺の名所三段壁です。どの辺りが三段なのかは謎です。下は洞窟になっていて、かつては熊野水軍の基地でした。エレベータで降りれますが、入場料が1200円なのでやめました。

三段壁(観光側)

 最後は温泉で旅の疲れを癒します。太平洋に面した崎の湯です。残念ながら混浴ではありません。湯船が1つ多い女湯は岩の向こう側です。

崎の湯

 先の方は、波が高いと入浴できなくなります。

崎の湯(先端)

 ここは紀州の白浜の湯です。


  1. 2007/11/03(土) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夜行急行「きたぐに」

 遠征というか帰省です。この時期に。いつもは「日本海」を使っていましたが、今回は「きたぐに」にしました。新潟~大阪間で運行されています。

夜行急行「きたぐに」正面から

 急行なので特急より少しはお得みたいです。普通席の車両も連結されています。座ったままでも十分寝れますが、消灯がなく一晩中眩しいようなので、今回はおとなしく寝台にしました。中はこんな感じです。左側がB寝台(3段ベット)、右側がA寝台(2段ベット)です。

夜行急行「きたぐに」(左側:B寝台、右側:A寝台)

 新しい車両なのでけっこう綺麗でした。寝心地も良かったです。地に足が着いた旅は安心感が違います。乗車して半時間もしないうちに爆睡、目が覚めれば京都の手前くらいでした。


  1. 2007/11/02(金) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日帰りアッスル

 静かな場所、風光明媚、バイクの横に寝れる、がキャンプの3大条件だと思っています。鳥海高原で開催されるアッスルミーティングは、3条件に加えて、手作り感の漂うアトホームなミーティングです。今回は秋田らしくキリタンポ鍋が振舞われていました。2杯もいただきました。
 風邪なんて、1晩寝れば治るというのが常でしたが、1週間もくすぶってしまいました。残念ながら今回は日帰りでした(雨の中)。

アッスルミーティング in 鳥海高原花立牧場

 秋の香りが漂い始める季節ですが、鳥海高原の夜は冬支度が必要なくらい寒そうでした。野営部隊の皆さん、僕みたいに風邪など引かぬよう、楽しんで下さい。


  1. 2007/09/22(土) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

草津白根山

 草津白根山を抜けて上信越道経由で帰って来ました。標高が2千メートル以上もあったので、混合気が薄かったらしく、パンパン言っていました。キャブレターテクノロジーの限界でしょうか。
 写真は、白根山の山頂付近です。トレッキングを楽しんでいる人がたくさんいました。この先に噴火口があります。白根山は活火山です。時間がなかったので登りませんでした。ブーツだし。

頂上付近

 帰路は秋田まで約500キロ。今回は足早に駆け抜けましたが、長野は名道が多いので、今度じっくり走りたいです。こんなに澄んだ天気だったのに、酒田から雨が降り始め、秋田は大雨でした。2日前から風邪気味だった体に追い討ちをかけらました。次の3連休まで治るかな。


  1. 2007/09/17(月) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

草津の湯

 東の大関、上州草津の湯に行ってきました。首都圏の一大保養地だけあって、見所も多く、洗練された温泉街でした。温泉街の中心には、源泉の「湯畑」があります。毎分4500リットルものお湯が湧き出ているそうです。
 今回は観光しませんでしたが、源泉は高温なので、「湯もみ」と言って、大きな木の板を使ってお湯をかき回しながら冷やすそうです。優雅ですね。今はラジエターを使って冷やしているそうです。

湯畑

 今回のお宿は草津ホテルでした。情緒溢れるいい宿でした。露天風呂も立派でした。料理と地ビールもおいしかったです。

ホテル草津の露天風呂

 宿の前で、某雑誌をイメージして撮影してみました。女将です(たぶん)。ハーレーと着物は良く似合います。

某雑誌風(海外向け)

洋と和です。


  1. 2007/09/16(日) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バンジージャンプ

 始めに、事故が起こっても損害賠償を請求しないという誓約書にサインさせられます。死んでも責任なし、保険もなし。はっきり言って自殺行為です。飛ぶ瞬間よりも、誓約書へのサインが怖かったです。
 日本で唯一の橋の上からのバンジーだそうです。橋から下を見たときはそんなに高いとは思いませんでしたが、ジャンプ台に立ったときは恐怖がピークに達しました。
 国際色豊かなスタッフが、ジャンプ方法をレクチャーしてくれました。腕は真横に伸ばすのがカッコ良いそうです。カウントダウンでいざジャンプ。1回目は飛べませんでした。「死ぬー」と叫ぶと、後ろからカタコトの日本語で、「シナナイヨ!」と言い返されました。2回目のカウントダウンで意を決してジャンプ!!

飛び立つ瞬間

 落下する高さは約40メートル。時間にして1秒くらいです。落ちている間の記憶は全く残っていません。ゴムの弾力で橋の方に引き戻されるときが一番気持ち良かったです。

浮遊中

 最後は橋に引き戻されるのではなく、川べりのゴムボートの上に降ろされます。歩いて帰ってきて、あなたの勇気を称えるという証明書をもらって終わりです。これで7千円。いい商売です。チャレンジしたい勇者はこちらから。


  1. 2007/09/16(日) 15:30:00|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オーランド(最終日)

 帰路は朝7時にホテルを出発、往路と同じくデトロイトと東京で乗り継ぎ、秋田に到着したのが翌日の夜10時でした。時差を差し引くとトータル26時間です。疲れました。地球の裏側から帰ってきた気分です。成田空港が混んでいなかったのがせめてもの救いでした。国土が広いアメリカ国内の移動時間はしかたないとしても、日本に着いてから長いのはどうにかならないのでしょうか。
 最後の晩餐会(バンケット)の様子です。10人掛けのテーブルが推定50台はありました。ものすごい規模です。芸能人の結婚式のようです(参加したことないので想像です・・・)。食事中にも基調講演がありました。パワーディナーと言うそうです。話している方は大変だと思います。会場は立派でしたが、出された料理は、最後までアメリカンでした。

芸能人の結婚式並のバンケット



  1. 2007/08/17(金) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーランド(7日目)

 気付けば帰国日です。オーランドに何をしに来たのか分からなくなってきました。基本的にはホテルに引き篭もっていましたが、プールとジャグジーには4回も行きました。全ては仮想です。第一の目的は、昨日、果たすことができました。最後のバンケットもありました。あとは報告書を作成するだけです。飛行機の中でがんばってみます。今年の夏は短かったです。帰国する頃には、秋田も涼しくなっているといいな。

IJCNN2007



  1. 2007/08/16(木) 12:00:00|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オーランド(6日目)

 日本も連日35度を超える猛暑が続いているようですが、こちらもとにかく暑いです。外を30分も歩けば、間違いなく熱射病になります。夜は幾分涼しくなりますが、治安が心配で外出できません。暑いのは観光に大敵です。また、クーラーという文明の利器が使えない二輪にとっても大敵のようです。見渡しても四輪ばかり。これだと第二の目的が果たせません。
 質より量のアメリカですが、モーターサイクルだけは事情が違います。性能やスピードとは違う質感があります。構造や外観だけを真似ても、この質感は到底得られません。質感はスピードや馬力のように定量的に測れません。ライフスタイルまでを視野に入れたデザインと商品展開が、圧倒的な質感を生んでいるのだと思います。

FLSTC Softail Classic Evolution 1340 Harley-Davidson



  1. 2007/08/15(水) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーランド(5日目)

 世界的に原油価格の高騰が続いています。ブッシュの本拠地でも原油価格の高騰は深刻のようです。レギュラーガソリンが150円/Lに届きそうな日本と比べて、米国のガソリン価格はまだまだ安価ですが、いずれは底をつきます。環境破壊と異常気象も深刻です。ゴア元副大統領のおかげで、米国人の環境に対する意識も高まっているようです。
 戦車のごとくガソリンを消費するアメリカの国産車は敬遠され、トヨタやホンダなどの日本車が激増しています。フリーウェイでもプリウスを見かけることが多くなりました。カープールレーン(相乗車両優先車線)でも、プリウスだと一人乗りでも走行可能だとか。さすが米国の合理主義は徹底しています。
 でもアメリカのフルサイズ4WDはかっこいいです。あまりの大きさに、米国名レクサスことランドクルーザー(右下)ですら、小さく見えてしまいます。チェロキーに至っては、子供サイズですね。でもスクウェアなボディの存在感は、フルサイズ4WDとは違った精悍さを放っています。主観的評価ですみません。

American Full Size 4WD Cars



  1. 2007/08/14(火) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーランド(4日目)

 そろそろ胃が疲れてきました。千室以上ある大きなホテルですが、レストランは3つしかありません。アメリカ料理は質より量です。味付けもこれでもかというくらい大味です。舌も大雑把にできているのでしょうか、甘さ、辛さ、しょっぱさも半端じゃありません。この胃の重たさを乗り切ってドカ食いできれば、マッチョorファットになれるのだと思います。
 そうは言っても、米国の肥満問題な深刻さを増しています。健康食ということで日本食が注目され、その中でもスシがブームのようです。3つしかないレストランのうちの一つはスシレストランでした。食欲不振に陥っている上司と、意を決して行ってきました。そして・・・、米国人に手にかかればスシもこなってしまうのか!と驚かされました。
 左上がスシテンプラです。スシとテンプラのセットと思って注文しましたが、スシをそのまま揚げていました。右上が火山ロール(volcano roll)です。スパイシーでした。そして下が・・・。いったい何なのでしょう・・・。郷に従って全部食しましたが、上司は食欲不振に拍車がかかったみたいです。

スシレストランにて



  1. 2007/08/13(月) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

オーランド(3日目)

 今日はレジストレーションのみでした。約600編のペーパーが掲載されたCD-ROMを渡されましたが、目を通すなんて不可能です。なので、今日もプールで泳いでました。ビールを飲んで昼寝もしました。極楽です。リゾート気分を満喫しています。何をしにきたのが分からなくなってきました。日焼けし過ぎないように気を付けます。
 どこに行っても長期のサマーバケーションを楽しむ家族連れで溢れ返っています。アメリカは世界一の経済大国ですが、ビジネスだけではなく、遊ぶことでも経済を回しているようです。雀の涙ほどの休暇ではなく、1ヶ月間くらいの長期休暇が当たり前のように取れて、趣味やレジャーにお金を使うことが、経済を活性化させ、本当の意味での豊かさを享受できるのだと思います。労働は美徳ですが、会社本位の考え方からそろそろ脱却しましょう。目指すは生活大国です。がんばれ第2位!

ロングサマーバケーションを満喫するアメリカ国民



  1. 2007/08/12(日) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーランド(2日目)

 今日は予備日で終日オフでした。オーランドはアメリカの一大リゾート地です。ウォルトディズニーワールド(WDW)、ユニバーサルリゾート、シーワールドなどなど、巨大テーマパークが立ち並んでいます。ボスと一緒なのでもちろん行きません。シーワールドはホテルから歩いて5分くらいだったので、エントランスまで散歩してきました。後は車がないとどこにも行けません。WDWは想像を絶する大きさです。大潟村がすっぽり入るくらいです。
 午後はホテルのプールで過ごしました。慌しく動き回るよりも、ぼけーっと過ごす方が、ダメ人間化には最適でした。Miditerranean style Olympic size(地中海風オリンピックサイズ?)のプールだそうです。アメリカは何でもビックです。表現もビックです。

Harley-Davidson at Orlando Airport



  1. 2007/08/11(土) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オーランド(1日目)

 朝8時半に秋田を出発。成田とデトロイトで乗り継ぎ。デトロイト空港は大混雑でした。入国審査と手荷物検査のゲートを通過するのに2時間もかかりました。オーランドのホテルに到着したのが夕方7時、13時間の時差を入れると丸1日移動していたとこになります。疲れました。でもオーランド空港でいきなり本国のディーラーを目にして、疲れが取れました。3度目のアメリカです。

Harley-Davidson at Orlando Airport



  1. 2007/08/10(金) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

松島遠征(2日目)

 知らない道を走るのは、読んだことのない本を読む時のようで楽しい。どこを走っているのだろうか、このルートで間違っていないのか、と不安になりながらも、始めて見る景色に心を躍らせる。楽しみを2倍にするために、往路と帰路で違うルートを走る。走る距離に大差はないが、帰路は往路の倍以上の速さで時間が過ぎてゆくように感じる。名残惜しい気持ちを残しつつも、日常生活に戻るという安心感がある。この安心感が、旅の思い出を熟成させ、また新たな旅、新たな道へと旅人をいざなう。

帰路

その他の写真はこちらから。


  1. 2007/07/29(日) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

松島遠征(1日目)

 マグロの一本釣りの仕掛けにはトバシという部分がある。鉛直方向に長く伸びる大竿と道糸を結ぶ部分で、道糸よりも細いラインが使われている。マグロが疑似餌に食い付いたときに、トバシが切れて道糸が伸びる仕組みになっている。
 数十キロ台の小さなマグロだとトバシは切れない。竿は大きく曲がるが、そのままぶら下った状態になる。中型のマグロだと、竿が大きく曲がり、切れるか切れないかで、仕掛けに引きずられる格好になる。マグロも懸命に逃げようとするので、しばらくすると、「パチッ」という音とともにトバシが切れて道糸が出て行く。トバシが切れても道糸は簡単に手繰りよせることができる。
 百キロオーバーの大物がかかったときがおもしろい。食い付いた瞬間に、「バチーン」という大きな音を立ててトバシが切れる。道糸はみるみるうちに出ていく。勢いよくトバシの切れる音に心が躍る。トバシの音を合図に、大物との格闘が始まる。
 ハーレーのドライブベルトが「バチーン」と切れる音を真横で聞いて、小さい頃に父親の船で聞いたトバシの切れる音を思い出した。

新庄市に向かって(国道13号線)

その他の写真はこちらから。


  1. 2007/07/28(土) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

沖縄遠征(最終日)

ゆいレールに乗って那覇空港まで。

ゆいレール


10年前に沖縄を旅したときは、
モノレールも高速もありませんでした。
失われた10年と言われますが、
世の中は確実に便利になっています。

ゆいレール(車内から)


梅雨前線を突き抜けて帰ってきました。

大雨の那覇空港


羽田経由でフライト時間は3時間半くらい。
飛行機の国内旅行はあっけないです。
地に足が着いた旅がしたいです。

秋田空港からはリムジンバスに乗りました。
チェロはバッテリーを外して冬眠中です。
地球温暖化防止に貢献しています。

秋田は涼しくて気持ち良いです。
やっぱり暑いところは苦手です。
もう温暖化は止まらないので、
これからは北に住む時代です。

  1. 2007/06/17(日) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

沖縄遠征(4日目)

定番の首里城に行ってきました。

首里城


世界遺産が輝いています。

世界遺産


特にウンチクもなく。

グスク内部


琉球王国時代のグスクでは、
楽しいことをしていたようです。

模型


定番続きで国際通りです。

国際通り入り口


大通り沿いよりも、

大通り


商店街の方が安いです。

商店街


夕食はソーキソバ。

ソーキソバ屋


ボリューム満点。
うまかったです。

ソーキソバ


沖縄の人たちはよく喋ります。
黙っていると暑いからでしょうか。
陽気で大らかなのは良いことです。

いよいよ明日は帰秋です。
秋田は涼しければいいな~。

那覇市にて。

  1. 2007/06/16(土) 21:21:01|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

沖縄遠征(3日目)

沖縄のビーチリゾートを満喫していますが、
最大の難点は食堂やコンビニがないことです。
基本的に食料は配給制です。

今日の朝食はゴーヤチェンプル丼。

ゴーヤチェンプル丼


地元のおばちゃんの手作り弁当だそうです。
300円。安い!うまい!!

今日も絶好の猛暑です。
遠浅の海が綺麗です。

遠浅の海(部屋から)


海岸まで下りて行きました。
これだけで汗だくです。

遠浅の海(近くから)


水温が全然違います。
ちょっとした温泉です。

何の木でしょうか?

マングローブ?


マングローブでないと思います。

ウッドデッキもあります。

ウッドデッキ


ここでキャンプがしたい!
次来る時はテントを持参します。

夜はD先生の豪邸をご訪問。
バーベキューをしながら、
ジャグジーにも入ってきました。

ジャグジー


秘密基地の人たちはほとんど本州出身だそうです。
高温多湿で気象条件は決して良くないけど、
沖縄に魅力にとりつかれて生活&研究を、
楽しみ続けているようです。

明日は那覇市に向かいます。

恩納村にて。

  1. 2007/06/15(金) 23:49:08|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

沖縄遠征(2日目)

梅雨前線は北上したみたいですね。
今日は快晴です。晴れ男効果です。

晴れ男効果


外は想像を絶する暑さです。

猛暑


中では涼しげにカンファレンス。

カンファレンス


退屈です。
紺碧の東シナ海が綺麗です。

東シナ海は男の海?


まあ、別荘みたいなものです。

マイ別荘


数年後にはこんな秘密基地ができるらしいです。
もちろん日本軍の秘密基地です。

日本軍の秘密基地


懇親会がありました。
話題はマニアック過ぎて書けません…。

懇親会


今日は一歩も外に出ていません。
明日はマジメに任務を遂行します。

恩納村にて。


  1. 2007/06/14(木) 21:31:02|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

沖縄遠征(1日目)

梅雨真っ只中の沖縄は恩納村に来ています。

沖縄シシ


那覇空港からバスで2時間もかかりました。
沖縄の片田舎にすげーモノができるらしいです。

OIST


まだ6月なのに灼熱地獄。熱風が吹き荒れています。

灼熱地獄


何でしょうか?パイナップルではないと思います。

ニセパイナップル


近くにトライクのレンタル屋が!
メットなしで乗れます。乗りたい!

トライク乗りたい!


夕食は島時間というお店に行ってきました。
ミミガーと刺身と島ソバを食べました。

島時間


もちろんビールも。
オリオンビールの生ビールです。

オリオンビール


宿はOIST併設の宿泊施設。
これで1泊たったの3千円!

部屋


シークワサーがふつうに自販機で売ってます。
ただし果汁10%未満です。

シークワサー


沖縄は音楽がいいですね。
かなり気分が浮き立っています。

何をしに来たのかは秘密です。

恩納村にて。

  1. 2007/06/13(水) 20:58:18|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。