ロングストローク

日々迷走中。やっぱスカルかな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喫茶こまち

 引越しの日に限って大雨。大きな荷物は業者が運んでくれたけど、細かい荷物は自分たちで運ばないといけない。ダンボール詰めした荷物を、ずぶ濡れになりながら積み込んだ。雪のほうがまだいい。

RestaurantAndCafeKomachi080229_01.jpg

 ランチは、カヌーの主人で有名な「こまち」に行ってきた。久々の肉体労働だったので、がっつり食べたい気分だった。期待通りのボリューム。メインと小皿が3品ついて600円。もう動きたくないと思うくらい満腹になった。

RestaurantAndCafeKomachi080229_02.jpg

 搬入も大変だった。午後からは雷雨になった。業者さんも雨に打たれてずぶ濡れになっていた。これからが引越し本格シーズン。来月は休む間もないくらい忙しいのだろう。ごくろうさまでした。


スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 23:04:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ミニ新幹線

 2025年の開業に向けてリニア中央新幹線の建設が始まっている。東京-名古屋間は40分、東京-大阪間は1時間強で結ばれる。狭いニッポン、そんなに急いでどこへゆく。ジャパニーズビジネスマンはますます忙しくなるのだろう。ルートも最短距離を取るため、8割以上はトンネルになる。景色も楽しめないとは・・・。

ConnectionBetweenKomachiAndHayate080228.jpg

 スピードや輸送効率だけじゃない新幹線もある。線路が単線だったり、踏み切りがあったり、逆方向に走ったり、途中でドッキングがあったりと、いろいろと愉しませてくれる新幹線。風が吹けばダイヤは乱れ、雪が降れば運休になる。一昨年は雪崩に突っ込むという事故もあった。新幹線のイメージを一掃してくれる。

BetweenPlatformAndKomachiTrain080228.jpg

 車両サイズはナローゲージの特急と同じ。通常の新幹線ホームでは、車幅が足りない。乗降車時には、待ってましたとばかりに、ドアの下からステップが飛び出る。翼みたいでかっこいい。車両は小さくても、線路は通常の新幹線と同じスタンダードゲージが使われている。安定感があって乗り心地は非常に良い。最高速度は130キロ。たまに車に追い抜かれる。その分、景色はゆっくり楽しめる。車窓には豊穣な仙北平野が広がり、四季折々の多彩な田園風景が楽しめる。単なる移動手段ではない、味わい深い新幹線だと思う。


  1. 2008/02/28(木) 23:31:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オール加工

 鉄ノコを使ってシャフト部を切断した。カーボンの切り粉がチクチクした。スリーブ(白い部分)はグリスで汚れていたので、有機溶剤を使って取り除いた。ハンドルの木の部分は紙ヤスリで磨いたが、けっこう中まで腐っている。

OarsCuttingAndRubbing080226.jpg

 昔のオールはシャフトも木で作られていた。木なのでよくしなった。加速の鈍いナックル艇とは相性が良かったのだろう。シェル艇だとしなり過ぎて力が逃げてしまう。最近のオールは、グリップにも木が使われていない。昨年の国体で初めて知った。

NewOarsWatchedAtAkitaKokutai0710.jpg

 上の写真は国体で見かけた新種のオール。少し見辛い(というか全然見えない)が、ブレードに小さな穴が開いている。どういう効果があるのだろう。水中で意図的に滑らすのだろうか。オールの技術動向追跡は、スムーシあたりで止まっている。一から勉強し直さないといけない。それよりも体力が先か!?


  1. 2008/02/27(水) 21:32:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こまち武道館

 向浜スポーツゾーン特集最終回。国体ブームに乗って、これら3施設が新築された。どれも行ったことないのが判明した。



 道の付くスポーツはかっこいいと思う。特に剣の道には憧れる。司馬遼の「竜馬がゆく」を読んだときは、北辰一刀流を習いに千葉道場に入門したいと思った。

sakamotoandnakaoka0705.jpg

 とネタを振りつつ、昨年の四国ツーリングの写真を引き出してみた。今年のGWまであと2ヵ月。そろそろ予定を決めなければ。


  1. 2008/02/26(火) 19:51:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

悪路走行後

 実は、昨日からブレーキの調子が良くない。踏み込むとゴロゴロと変な音がする。変なところを走ったのが原因か!?




  1. 2008/02/25(月) 23:45:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪中行軍

 春一番の東京の次は、凍てつく大地の大潟村。発達した低気圧の影響で大荒れの天気が続く中、2台の車が中央幹線排水路に面する、今は廃墟となったボート基地を目指して走っていた。

snowattackinogatamura01.jpg

 未舗装の雪悪路に入って500メートルもしないうちに先頭車がスタックした。2台で向かったのは、こうなる危険性を見越してのこと。ワイヤロープで両車を繋いで、後方へと引き出した。ここからは長靴に履き替え、歩いて目的地に向かった。雪が叩きつけるように降っている。息をするのも困難なくらいの吹雪だった(ウソ)。

snowattackinogatamura02.jpg

 それで、何をしに行ったのかというと、この折れたオールが欲しかっただけ。とりあえずスカルオール(短い方)とスイープオール(長い方)を1本ずつゲットした。ついでに、サイクスのダブルスカルを確認しておいた。この外国艇だけげ唯一の宝物。盗まれないように気をつけよう。

snowattackinogatamura03.jpg

 帰りは、ワイヤロープで繋いだまま、後進で抜け出した。始めてローレンジ4WDを使ったが、予想以上にパワフルだった。大潟村の春はまだまだ遠そうだ。次はフィリッピの練習艇を取りに行かなければならない。


  1. 2008/02/24(日) 23:59:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あきば

 取り憑かれるたようにディズニーグッズを買い求めている人々をTDLで見た。種類は違うが、この地にも魔物が住んでいると思う。幸いなことに、今回はビルの中で缶詰状態だったので、魔物との遭遇はなかった。

akihabara080222_01.jpg

 用務は17時きっかりに終わった。早い目の夕食をとり、18時発の秋田新幹線こまちに乗るために上野駅に戻った。土曜日なのに、駅はいつになく混雑していた。新幹線の改札口には何やら長い人の列。地下深くの新幹線ホームに降りて、ようやく状況が飲み込めた。強風の影響で新幹線のダイヤが大幅に乱れている。春一番が吹いたようだ。

akihabara080222_02.jpg

 予約していた新幹線は運休になった。1時間遅れで1本前の新幹線に乗った。それでも盛岡までは順調に走ってくれたが、秋田に入ってからは強風の影響で徐行運転が続いた。ただでさえ遅い新幹線が、チャリ並のスピードで走っている。おそらく、特急いなほの脱線転覆事故を受けて、過剰に警戒しているのだろう。ボディサイズは同じくらいだけど、ゲージ幅は全然違うのに。結局、秋田駅に到着したのは午前0時30分。6時間半もかかった。本当に参った。



  1. 2008/02/23(土) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

上野公園

 1泊2日の東京遠征。今回は新幹線で東京入りした。本日は移動のみ。用務が朝からだと前泊できる。先月の東京日帰り出張とは大違い。びゅうのビジネスパックで上野のチサンホテルに宿泊した。



 到着が遅かったのでバイク街には行けず。代わりに早起きして、早朝の上野公園を小一時間ほど散歩した。愛犬家や早朝ランナ、東京の一等地を住み処にしている人々と、公園内は朝から賑やかだ(写真とは一致せず・・・)。いつになく澄んだ空気と都会の空。今思えば、嵐の前の静けさであった。


  1. 2008/02/22(金) 23:59:59|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こうらく

 今日の遠征も目的地を大幅に通過、善(この場合は膳?)は急げということで、旧西目町の「こうらく」に行ってきた。到着は12時ジャストで店内は満席状態だったが、そのまま2階へ通してくれた。とても広い。丸テーブルの個室もあった。

korakuinoldnishimetown080221_2.jpg

 麺類もおいしそうだったが、今回は初回ということでお得感溢れるランチセットにした。メインは4種類の中から2種類選べれる。酢豚とタルタルソースフライにした。ちなみに酢豚は中華で一番の好物。甘い目の味付けでおいしかった。これで680円くらいだったはず。食後のコーヒーセットで800円。



 帰りもオートパイロットの針路設定を間違えて、気づけば新屋駅前の某バイク屋さんに到着していた。さすがにボスを待たせては悪いと思い、カレンダだけ貰って帰った(毎年ありがとうございます)。一昨日はすごいことになっていたようだ。今週末の予行練習なのだろう。参戦できないので残念。帰着後は車の使用簿に走行距離を記入することになっている。今日はいつもより2割増しくらいだった。


  1. 2008/02/21(木) 18:56:15|
  2. 美食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

艦艇

 確か、「亡国のイージス」という映画が流行った頃だと思う。船舶1級免許を持っていると言うと、イージス艦は運転できるのかと聞かれたことがある。20トンまでなら可能だが、7千トンは大き過ぎる。ただ、運転(操舵)はできなくても、一度乗船してみたい。海上保安庁の巡視艇なら、海の日などに勧誘を兼ねた試乗会を開催しているが、防衛省はそういう訳にはいかないのだろう。ニュースで始めて知ったのだが、イージスシステムに使われている高性能レーダは対空用で、海上用はごくごく普通のレーザのようだ。意外な盲点。

AegisShipatKurePort0703.jpg

 大小を問わず、夜間航行中の船舶は、ほとんど見張りなんてしていない。オートパイロット(自動操舵装置)とレーダを使った自動運転に任せている。レーダの画面内に他船舶が入ると、アラームで知らせてくれる。すごく便利。例の漁船はレーダを回していなかったのかな?それと、車は急に止まれないと言うが、大型船舶はもっと止まれない。排水量の大きいタンカーなどは、止まろうと思ってブレーキ(後進)をかけても、反動で10キロくらいは進むという。舵も大きくしか効かない。だから、必然的に、小回りのきく小さな船舶が回避しないといけない。相手が右側に見える場合には自船が回避するというのは、同程度の大きさの船舶同士。排水量が千倍以上も違えば状況は違ってくる。確かに発見は遅かったみたいだが、この場合は、相手に気づいて対処してもらえない限り、衝突を回避することは難しいと思う。イージス艦の肩を持つ訳じゃないけど、ニュースを見ながらそう感じた。基本的には、イージス艦のような艦艇は、平和憲法を掲げる国には不要だと考えている。同盟なんてやめてしまえばいいのに。


  1. 2008/02/20(水) 19:35:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ポンカン

 冬の風物詩が送られてきた。葉っぱが付いているのは、見た目の良さで、商品価値を上げるためらしい。普通のミカンよりも甘くて食べやすいが、意外と当たり外れが多い。珍しく今回は1日で売り切れた。

ponkan080226.jpg

 しかしこの名前、どうにかならないのか。誰が名付けたのだろうか。語源由来辞典には、中国語の椪(ピエン)の発音に由来すると書かれている。もっと熟考すればよかったのに。あと、前々から気になっていたのは、グレープフルーツ。これも由来辞典によると、果実がブドウの房に似ていることから名付けられたらしい。ミカン科の果物なのに、まったく失礼な話だ。サルに似ている人間を、モンキーアニマルと名付けるくらい失礼な話だと思う。


  1. 2008/02/19(火) 06:39:16|
  2. 美食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

脳トレ

 秋田キャッスルで、「脳科学と未来」という講演会が開催された。脳トレで一大ブームを巻き起こした川島隆太先生の講演を聴きに行ってきた。平日にもかかわらず、用意されていた500席はほぼ満席。残念ながら、会場内は撮影禁止だった。



 何を書けばいいのか分からないくらい、素晴らしい内容の講演会であった。脳に関するいろいろな話が聞けた。たぶん、一番のキーワードは、前頭前野だったと思う。前頭前野は、創造力や記憶、感情の制御、行動の抑制、集団でのコミュニケーションなどの人間の高度な精神活動を司る脳部位で、川島先生によると、この部位を重点的にトレーニングすることが大切とのこと。放って置くと、20歳からどんどん衰えて、60歳で小学2年生レベルになるという統計データもある。子供に「勉強しなさい!」と言う前に、大人が勉強をしないと、あっという間に追い抜かれる。仕事後の癒しとくつろぎの場と化した日本の家では、テレビなどの影響で娯楽化が進み、ある意味では、今の子供達は過酷な環境に置かれている。親が勉強しなければ、子供は絶対に勉強しないと強調されていた。常に背中を見られている。会社で残業するくらいなら、家に持ち帰った方がいいのかもしれない。川島先生の素晴らしいトークは、ここでも聴ける。


  1. 2008/02/18(月) 23:33:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こまちプール

 第二弾は県立総合プール。ここはかなり良い。多くの人々に利用されている。公共施設のあるべき姿だと思う。料金は1日500円。年会員になると、2万円/年で使いたい放題となる。営業時間は夜8時半まで。休館日も月1回と少ない。総合と謳っているだけあって、飛び込み台や筋トレ設備などもある。



 問題はアクセスだろう。車で来る人が大半だと思うが、バスや自転車が主要交通手段となる小中高校生にはアクセスが悪すぎる。駅から10キロくらい離れている。自転車で来るには気合と体力が必要で、ちょっとしたトライアスロンになる。もちろん冬場はアウト。バスは1時間に1本くらいしか出ていない。せっかく良い施設があっても、アクセスが悪ければどうしようもない。ちなみにうちの職場から歩いて1分だが、1回も行ったことがない。だから、内部の様子も全然わからない。最近よく聞く言葉でいうと、現場を知らない。でも、素晴らしい施設であるということとは、見るまでもなく、雰囲気やオーラでわかる気がする。


  1. 2008/02/17(日) 20:08:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

こまちスタジアム

 今のうちに、通い慣れた向浜スポーツゾーンを特集しておく。第1弾は県立球場、通称こまちスタジアム。2003年にオープンしてから、毎日のように眺めてきた。球場横の道路は、通勤路のショートカットとして利用させてもらっている。

komachistudium080216_02.jpg

 ナイター用の照明灯は、竿灯をイメージしているらしい。残念なのは、ドーム型球場でないこと。ご覧の通り、冬場は全く使えない。夏場は高校野球がメイン。プロ野球は年に2~3回。座席数が2万5千席と少ないため、メジャーな球団はあまり来てくれない。どうしてこんな中途半端なものを作ったのか、見る度に悲しくなる。「身の丈にあった政策、身の丈にあった事業」という答弁を議会でよく耳にするが、そのシンボルだろうか。行政や政治の判断基準は常に過去。なのにどうして、負債は未来に先送りするのだろうか。逆にしてもらいたい。


  1. 2008/02/16(土) 19:53:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電子化

 引越しの度に大量の紙の資料を捨てる。本当は全部取っておきたいが、保管場所や移動させるための労力、今後の使用頻度などを考えると、捨てるという選択肢が多くなる。原本を電子媒体で保有している場合は潔く捨てることができるが、紙しかない場合は少々やっかいだ。スキャナで取り込みたいが、その作業に要する労力と時間を考えると気が遠くなる。結果として9割以上は捨てることになる。



 左下は、先日の組立てPCで使った500ギガバイトのハードディスクドライブ。今なら2万円程度で手に入る。よく使われる例だが、500ギガバイトの容量があれば、中規模程度の図書館の全蔵書が記録できる。どれだけ大量の紙の資料を持っていたとしても、電子化すれば所詮この程度。逆に考えれば、個人で図書館1館分のデータ量を持ち歩ける時代が、すぐそこまで来ている。読み易さや書き込みの容易性では、まだまだ紙に軍配が上がるが、紙も所詮媒体のひとつと考えれば、そのうち技術が解決してくれるだろう。あと数年で、紙よりも可読性の良いディスプレイが開発されると思う。森林資源や地球環境のためにも、紙に明日はなくてもよい。できるだけ紙の資料は持たないようにしたい。


  1. 2008/02/15(金) 23:01:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ワイパー

 雪はコンコンと降るものだと思っていたけど、日本のウエストコーストに限ってはそうでもないようだ。ピークは過ぎたと思うが、大荒れの天気が続いている。猛吹雪の日は犬も散歩に行くのを尻込みすると愛犬家から聞いたことがある。



 さすがにバナナで釘は打てないが、氷点下の日はいろいろなものが凍りつく。最近のアパートでは聞かなくなったけど、水道管の凍結には要注意。過去に1回だけ破裂させたことがある。幸い大家さんが修理代を負担してくれたが、けっこうな額になるらしい。車はサイドブレーキを引かないこととワイパーを上げておくことが基本中の基本。前オーナの助言に従って、サイドブレーキは使っていない。冬場以外も引いたことがない。問題は後者。この車のワイパー、なぜか上がらない。こんな簡単なことができない。いつもこの状態から、スノーブラシの裏側でガリガリと雪というか氷を削る。痛々しい。そして、ワイパーゴムは一冬でおしゃかになる。


  1. 2008/02/14(木) 20:20:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ビュー

 本日の最高気温は氷点下2度。冬型の気圧配置で大荒れの天気だった。この時期になると、体もすっかり冬型で、寒さは平気だが、やはり一歩も外に出たくない。なのに、こんな日に限って仕事関係の飲み会があった。

partyatakitaview080213_01.jpg

 雪国なのに、公共の交通機関は吹雪に弱い。電車はほぼ運休。待てど暮らせどバスは来ない。しかたがないので車で行くことにした。たまには、ウーロン茶の飲み会もいいものだ。三十路を越えたあたりから、飲んでも飲まなくてもどうでもよくなっている。

partyatakitaview080213_02.jpg

 お品書きは立派だったけど、出された料理には舌を巻いた。言葉を失った。開いた口がふさがらなかった。これで会費は1万円。なんだこのパーティは。責任者というか、料理長を呼びつけてやりたかった。感情的になるのは良くないんだけど、ちょっと酷すぎる。大人の社会というかビジネスの世界は怖い。


  1. 2008/02/13(水) 23:24:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

松風亭

 週初めは意味不明な会議や打合せが多いので、いつもより早く仕事場を飛び出した。往路は高速を使わず7号線をひたすら南下。目的地を少し行き過ぎて、旧西目町(現由利本荘市)の松風亭まで足を伸ばした。



 ここも北海道ラーメンが主体。スタミナ味噌ラーメンを注文した。名前に負けないくらい具沢山でボリューム満点。スープもコクがあり、おいしいかった。ただ、麺がもう一息。麺自体か茹で方が問題なのか、麺に臭みが残っている。

syofutei080212_2.jpg

 帰りは通常通り高速を使った。大内JCTから乗ったが、入り口付近で車が2台事故っていた。雪道は気をつけなければと思いながら、法廷速度前後で高速を巡航していたら、2車線になった瞬間に、ものすごい勢いで、なんか見たことのあるクーペにブチ抜かれた。推定1☆☆キロ。時刻は午後4時半くらい。何かの錯覚だったのか・・・。


  1. 2008/02/12(火) 18:19:29|
  2. 美食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

TDL

 東京湾に浮かぶ人工島に、アメリカからやって来たネズミたちが王国を築いて、今年で25周年になる。今年の干支でも見ようと思い、その王国というかリゾートに行ってきた。



 三連休の中日で、天気にも恵まれたため、島中、ヒト、ヒト、ヒト・・・。期待していたネズミは全然いなかった。頭頂部に耳をつけたネズミもどきの人間は大勢いた。5人に1人は耳が4つで、妖怪みたいだった。ただ、あの位置についているのも、なかなか良さそうだった。聞こえやすそうだし、背が少し高くなる。

tokyodisneyland080210_02.jpg

 一日中歩き回って、やっと見ることができた1匹のネズミは、パレード中の山車の上で舞い踊っていた。残念ながら触れ合うことはできなかった。隣の海には、もっとネズミがいるのだろうか。


  1. 2008/02/10(日) 23:00:00|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鳴らない

 1年は早いけど、北国の冬は長い。冬眠を始めてから2ヶ月弱。たまに馬小屋を覗いてみる。静かに眠っている。雪の少ない年だと、2月くらいから乗り始めれることもある。今、乗れば、シーズン中の500倍は気持ち良いと思う。

thehornproblem080208.jpg

 再来月は車検が待っている。善良な市民として、排気音は常に99デシベル以下にしている。特に問題な箇所はないが、不具合が1点だけ。ホーンが鳴らない。めったに使うことがないから全然気づかなかった。接触不良とかじゃなくて、ホーン自体が壊れているようだ。ホーンカバーに入る純正品を買うと1万円近くするから、ヤフオクで中古品を探している。モノはあるけど、なかなか落札できない。価格がおかしい。なんか最近のヤフオクは間違っている。適正価格が崩壊している。誰かの陰謀だろうか。前は、車でも普通に買えたのに。


  1. 2008/02/08(金) 20:02:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おやじラーメン

 おいしいパスタを食べる。おいしいと思う。ただ、自分でも作れるような気がする。料理は下手だけど、なんかそう思う。でも、ラーメンは違う。絶対に作れないと思う。別格の食べ物だと思う。

hokkaidoramenoyaji01.jpg

 3食ラーメンでも平気派なので、常にラーメンを食べ続けていたい。海外旅行中でも、日本食は食べたくならないが、ラーメンだけは恋しくなる。お酒も嫌いじゃないけど、急に飲みたくなることはない。ずーっと飲まなくても全然平気。ただ、ラーメンは急に食べたくなる。絶対に依存性があると思う。

hokkaidoramenoyaji02.jpg

 住んでいる場所や働いている場所の近くに、おいしいラーメン屋があるのは、QoL(生活の質)に直結する。近くにスーパーやコンビニがあって便利、病院や学校まで何分という立地条件よりも、おいしいラーメン屋があることが必須条件。いいお店を見つけた(正確には教えてもらった)。しいて言うなら、値段をもう少し庶民的にして欲しいかも。


  1. 2008/02/07(木) 21:11:25|
  2. 美食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

Google Analytics

 MicrosoftがYahooを取り込もうとしている。不公正な慣行がネットの世界にまで拡大しないようにGoogleが助けに入ったが、それはそれで独占禁止法に抵触する。どうなるのか興味津々だが、結局は株価だけが変動して、一部の株主やバイヤが差額で富を得るだけだろう。



 Googleの強さの秘訣は、新しい発想で新しい世界を作り続けているからだと思う。さらに、Googleの影響で、ソフトウェアの無料化が加速度的に進んでいる。利用者は、高性能で高機能なツールが無料で使える。ただし、ある程度は個人の情報をGoogle側に渡さないといけない。実世界だとプライバシーが気になるが、ネットは元々オープンな環境だから、それほど気にならない。その上、大半の処理は自動化されているから手間もかかならい。Google Analyticsを使って、2007年下期のアクセスランキングマップを作ってもらった。自分だけの日本地図だ。自己満足度がまた少しアップした。


  1. 2008/02/06(水) 23:28:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Vornado

 加湿器といえば、普通は蒸気式や超音波式をイメージするけど、電子機器類に囲まれた環境では、ノイズなどの影響があって駄目らしい。妥協の末に買ってもらったのが、この気化式加湿器「ボルネード」。



 見ての通り、いかにも米国生まれって感じ。モータに羽が付いていて、エアを下から吸い込み、上から吐き出すだけ。フィルタを通じて水分が大気中に拡散される。右側が水タンク。1ガロン以上は入る。加湿パワーは文句なしだけど、ファンの音が悩みの種。とにかく煩い。米国では業務用でなく家庭用として売られているのが信じられない。やはり、加湿器の基本はやかんだと思う。廃油ストーブにやかんというのが理想の姿。体の芯から温まる火力と、お湯がコトコトと沸く音。そんな仕事場が、なによりも贅沢な環境だと思える。


  1. 2008/02/05(火) 19:51:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

立春

 やっと第一歩を踏み出してくれた。寒中や酷寒から、余寒や春寒という言葉が使える季節となった。何かを待ち侘びている時は、それが実現した時よりも楽しい気がする。期待感の違いなのか。



 エンジンで例えると、トップスピードで走っている時よりも、加速中の方がエネルギーを使う。負荷が大きい分だけ、排気音が良くなる。特に、OHVエンジンは、重厚で心地良い音を奏でてくれる。常にこの音を聴き続けたいと思うのだが、そのためには減速も必要となる。これがミクロの変化とすれば、四季はマクロの変化なのだろう。幅が大きい程、期待感も大きくなる。


  1. 2008/02/04(月) 20:12:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マインドストーム

 今週末はレゴブロックで遊んでいた。しかし、レゴも随分と進化したものだ。ブロックでこんなロボットまで作れてしまう。ただのロボットじゃなくて、モータで手足が動く。単に動くだけじゃなくて、パソコンを使って動作がプログラミングできる。



 対象年齢は8歳以上。気になる価格は、センサ類や拡張キットを含めて5万円くらい。オモチャとしては少し高いが、USのキッズがこんなので遊んでいると思うと、日本のガキさまたちも負けてはいられないだろう。キャブを1個買うくらいの気持ちで、奮発してみてはどうだろうか。


  1. 2008/02/03(日) 19:21:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

音流

 「ネル」と読むそうだ。カリフォルニア出身のミュージシャン(アマチュア?)。ギター練習のお手本をYoutubeで探している時に偶然見つけた。ギターだけじゃなくて、声が実にいい。透き通った歌声で弾き語ってくれる。日本語も堪能。もちろん英語のフレーズもピカイチ。発音の違いで、所々で歌詞が変わっている(たぶん無意識)のもいい感じ。

パリの昼下がり

 歌う前の一言もウィットに富んでいて、ライブ会場にいるような気分にさせてくれる。ネットを通じてリクエストを受け付けている。ジャンルは幅広いが、特にバラードが上手いと思う。「夜空ノムコウ」は、SMAPよりも数倍上手い。ミスチルの曲も多くて、「Over」が一押し。数十回は聞かせてもらった。どの曲も再生回数も多いから、Youtubeでも人気が高いのだろう。ホームページはこちら。目標としたいところだが、バレーコードの壁は厚く、道のりは遠い・・・。


  1. 2008/02/02(土) 23:16:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

なまはげ

 中学校の時の担任の先生は、家庭訪問と称してよく家に来た。そして、父親と一緒に酒を飲んで、ベロンベロンになるまで酔っ払って、わけのわからないまま帰っていくことが多かった。もちろん車で。今だと即効で懲戒免職となる行為だが、当時はごくごく普通の光景であった。「先生の車、ライトを点いてへんで。」とか言って見送っていた記憶がある。



 今は、酒を飲んでチャリに乗るだけでも、罰金、懲役、懲戒免職を覚悟しないといけない。これまでは黙認されていたけど、危険なのだからしょうがない。おとなしく従うことにしよう。自転車がダメなら、飲酒状態で電車に乗るのも規制されるべきだと思う。公共の場での酔っ払いはみっともない。それに臭いし。イベントや祭りでの飲酒を禁止するのは当然のことだろう。お酒を飲まない人や未成年も楽しんでいるのだから。たばこと同じだ。今までの常識がおかしい。


  1. 2008/02/01(金) 06:27:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。