ロングストローク

日々迷走中。やっぱスカルかな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思考の補助線

 旅は計画を練っているときが一番楽しい。出発後は瞬く間に時間が過ぎる。工作やプログラミングも、作っているときが一番楽しい。完成すれば、満足感は味わえるが、興味は他へと移ってゆく。そして、最後は飽きて終わる。

思考の補助線 (ちくま新書 707)思考の補助線 (ちくま新書 707)
(2008/02)
茂木 健一郎

商品詳細を見る

 複雑化する世の中では、わかりやすいことが求められる。でも本当は、わかりやすいことよりも、わかりづらいことのほうが楽しい。簡単なものはすぐに飽きるが、複雑難解なものは好奇心を刺激し続けられる。終わりがない。永遠に楽しい。しかし、多くのメディアは、わかりやすさばかりを求める。そんな、わかりやすい病にかかった世の中に、警鐘を鳴らす一冊である。


スポンサーサイト
  1. 2008/03/04(火) 23:09:09|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bigmarronrowing.blog105.fc2.com/tb.php/132-ec28f396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。