ロングストローク

日々迷走中。やっぱスカルかな。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初走り

 と言っても自転車・・・。まだ微妙に雪が残っている。下り坂や橋の上は要注意。鏡のように凍結している。転ばぬ先の何とかで、危険ゾーンではなるべく降りて歩くようにしている。

TheFirstBicycleRunningOfThisYear080306.jpg

 今週末くらいから、晴れマークが多くなっている。いよいよシーズン到来か!この時期が一番嬉しい。土曜日のたこ焼きでパパを囲む会(略してタコパー)の前に、軽く走ることができれば、テンションが2倍くらいになりそう。


  1. 2008/03/06(木) 19:14:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

3匹の子ぶた

 キッチンという言葉に弱いのかもしれない。手の込んだハンバーグで、中にポークソテーが挟まれていた。スパイスの効いたしっかりとした味付け。おいしかった。腹八分目くらいで量的にもちょうど良い。値段は700円。



 出かけるときは常にあゆを持ち歩き、いたる所でぱちぱちと撮っている。人の目はあまり気にしない方だが、それでも、最近は多少の違和感も覚える。もっとスマートな方法はないのか。例えば、小型カメラを搭載した電動ヘリコプタが自分の周りを飛んでいて、指差すだけで対象物を撮影してくれるとか。

LunchAtThreeSmallPigs080305_02.jpg

 デジタル技術で日常生活を丸ごとアーカイブできれば、いろいろなことに使える。身近なところではダイエット。巷に溢れるダイエット法は百花繚乱状態で、それでいて成功率が低いのは古今東西永遠の謎のようだが、要は食べ過ぎないことだと思う。これ以上は子ぶたとか、それを食べれば大ぶた級とか、履歴から客観的に知ることができる。特に飲んでいるときは効果が高いだろう。


  1. 2008/03/05(水) 23:20:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

思考の補助線

 旅は計画を練っているときが一番楽しい。出発後は瞬く間に時間が過ぎる。工作やプログラミングも、作っているときが一番楽しい。完成すれば、満足感は味わえるが、興味は他へと移ってゆく。そして、最後は飽きて終わる。

思考の補助線 (ちくま新書 707)思考の補助線 (ちくま新書 707)
(2008/02)
茂木 健一郎

商品詳細を見る

 複雑化する世の中では、わかりやすいことが求められる。でも本当は、わかりやすいことよりも、わかりづらいことのほうが楽しい。簡単なものはすぐに飽きるが、複雑難解なものは好奇心を刺激し続けられる。終わりがない。永遠に楽しい。しかし、多くのメディアは、わかりやすさばかりを求める。そんな、わかりやすい病にかかった世の中に、警鐘を鳴らす一冊である。


  1. 2008/03/04(火) 23:09:09|
  2. 書評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Catch

 陶器工房きらら館のオーダーメイド壁掛けミニ時計を頂いた。きらら館の本店は茨城県笠間市、自由が丘にも支店があるそうだ。



 キャッチ(エントリ)は、止まらず、戻らず、撫でるようにブレード1枚分。艇速はここで決まってしまう。ボートの美学を感じるポイント。


  1. 2008/03/03(月) 06:53:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

水戸遠征2/2

 今回は、1泊2日という短日程の関係上、繁華街の大工町を中心に観光した。お土産には、藁包みの水戸納豆を5束も買った。



 帰宅後、1藁食べてみた。色と硬さ、そして糸の引き度合いが全然違う。味はかなり濃厚。スーパーのカップ納豆に慣れていると違和感が大きいが、くせになる味だと思う。秋田県の美郷町とは、納豆でもつながっているようだ。


  1. 2008/03/02(日) 23:40:08|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水戸遠征1/2

 水戸市は初めて訪れた(東海村は過去2回ほど)。秋田からは車で片道6時間半。意外と近く感じた。東京からは特急で1時間程度。人口66万人の賑やかな都市である。



 水戸クイズ第1問。徳川の御三家で、水戸藩と尾張藩に共通するものは?第2問。佐竹の殿様が、水戸藩を追われ秋田藩に移転させられた時に、連れ帰ったものと、残したものは?


  1. 2008/03/01(土) 23:38:22|
  2. 遠征
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

喫茶こまち

 引越しの日に限って大雨。大きな荷物は業者が運んでくれたけど、細かい荷物は自分たちで運ばないといけない。ダンボール詰めした荷物を、ずぶ濡れになりながら積み込んだ。雪のほうがまだいい。

RestaurantAndCafeKomachi080229_01.jpg

 ランチは、カヌーの主人で有名な「こまち」に行ってきた。久々の肉体労働だったので、がっつり食べたい気分だった。期待通りのボリューム。メインと小皿が3品ついて600円。もう動きたくないと思うくらい満腹になった。

RestaurantAndCafeKomachi080229_02.jpg

 搬入も大変だった。午後からは雷雨になった。業者さんも雨に打たれてずぶ濡れになっていた。これからが引越し本格シーズン。来月は休む間もないくらい忙しいのだろう。ごくろうさまでした。


  1. 2008/02/29(金) 23:04:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。